[CALENDAR]
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
<<前月 2017年04月 次月>>
[NEW ENTRIES]
[RECENT COMMENTS[
[CATEGORIES]
[ARCHIVES]
[LINK]
[PROFILE]
[OTHER]
 

ご報告。


最近よくお子さんの具合はどうですか?と聞かれるので

最近の近況をご報告します!



前回の手術の時

このまま鎮静させる為にしばらくの間

薬で寝かせておかなければ危険だと言われた。

息子は起きている時、泣いただけで呼吸困難になり

顔がみるみる内に黒くなる。

見ているだけで怖い。

今は24時間体制で看護してくれるが

それでも数分間、目の離れる時間もある。

息子は苦しいを伝える声が出無い。

泣いてもサイレントで泣く。

その時に呼吸困難になってしまったら…

そう考えると怖くて仕方ない。

なので泊まりで何処かに出かけるという発想が我が家には無い。

すぐ病院に行ける状態でいなければいけ無いのだ。

前に一度だけ夫婦で静岡まで旅行に行った事がある。

しかし静岡に着いた途端、病院から電話が入り

体調急変により、至急病院に来て欲しいと連絡が入った。

その時の出来事が我が家ではトラウマで

それ以来二人で出かける事がなくなった。



先生によると鎮静期間(寝かしておく)が2年、それ以上かと言われた。

しかしそれによる障害も出る。

それは寝ている間、脳に刺激がいか無いので

発達障害になる恐れがあると。

そう言う事は普通の学校に通わせるのは無理なのか?

ただただ受け入れるしかなかった。



それでも先生方は

タケルの奇跡を信じ

鎮静(麻酔)を少しずつ止めて見ましょうとチャレンジしてくれた!

もし危険な状態になればまた鎮静をかければ良いと

タケルの可能性を信じ薬を減らしていった。



数日かけ少しづつ薬を減らすにつれ

段々意識が戻って来る。

そして遂に鎮静がゼロに!







ついに目を覚まし笑顔が戻った!

そして懸念していた呼吸困難も今のところは大丈夫。

先生も信じられ無いと言っている。



息子の奇跡を目の当たりにし

人間の無限の可能性を感じた。

息子がここまで元気になれたのは

嫁の力だと思う。

毎日通って、寝ている息子に話しかけ

泣きそうになると抱きしめる。

それが息子に安心感を与え

信じられないパワーを生んだのだ!

愛が奇跡を生んだ、俺はそう思う。



皆様ご心配おかけしておりますが

息子は確実に前に進んでおります。

このまま行けば来年には退院!?かもしれません。

引き続きパワー送ってあげてください!






 
| http://jsfactory.com/bannai/index.php?e=2790 |
| NEWS | 07:07 AM | comments (0) | trackback (0) |

 
PAGE TOP ↑