HOME > ブランドヒストリー

ブランドヒストリー











《スーツコンセプトは

「素肌との一体感」を基本コンセプトに、着ている事を忘れる程の着心地の良さを目指し、機能性重視のデザインを重点においている。

《ブランドコンセプトは

繋がり、仲間、家族、自然を大切にする事により産まれる力を原動力に、皆で作り、育てて行くブランドを目指し、サーフィンと言うカテゴリーにこだわらず、幅広い分野のアスリートを応援し、Linkし続けて行く事を使命にこのブランドがある。

《国産生産のこだわり

最近のスーツは価格破壊により、安い中国産のウェットスーツがネットで多く出回っている。ここで物作り日本のクオリティー、機能性をこだわる為に100%国産生産し、供給する。中国の様に大量生産、低価格は出来ないが、1着1着、職人が魂込めた本物のスーツ作りにこだわり、その着心地を体感して欲しい。

●10代の頃からウェットスーツ職人としてキャリアをスタート。

1985年〜

  • 20代で頭角をあらわした奇才・坂内武秋はビクトリーウェットスーツ製造部長を経験したあと、一人でも多くの人に着心地が良く、着ている事すら忘れる様なノンストレスなウェットを作りたく独立。「有限会社ジェーズファクトリー」を設立。
ビクトリーウェットスーツとは
日本の品質を世界に知らしめた初めての日本発ワールドブランド「ビクトリーウェットスーツ」。マークリチャーズ、マイケル・ホー、デリック・ホー、ハンスヒデマン、キムメアリックなど世界のトップ選手をライダーに持ち、ワールドワイドにビジネスを展開したウェットスーツメーカーである。

1995年〜

PATAGONIA × JS FACTORY
メンズサーフブランド「BGZ」、レディースサーフブランド「JETZ」を展開。同年、当時ボディーボード界のチャンプ「小池葵」をJETZメインライダーに迎え、全国展開。以後、その腕を買われ、数々の有名メーカーから様々なウェットの開発を託されることになる。

なかでも有名なのが品質では世界一とも言われている「PATAGONIA」PATAGONIAライダーのマロイブラザースと共にウエットスーツプロジェクトをスタート。PATAGONIA WETSUITSプロジェクトのスーパーバイザー及び生産を任される。


世界シェアNo1を誇るニールプライド社よりジャパンモデルのウェットスーツ開発依頼を受ける。ジャパンモデルの企画開発を担当。



ワールドブランド「GOTCHA」のジャパンモデルウェットスーツの企画・生産に参加。当時GOTCHAのライダーであったロブマチャドにスーツを提供。ジャパンメイドの素晴らしさを知らしめた。


  • PATAGONIA WETSUITSプロジェクトのスーパーバイザーでもあるジェリーロペス。GOTCHA RIDERのロブマチャド。彼らと共に仕事が出来た事は現在のウェットスーツ開発にも多いに役立っている。

2008年〜


  • 底辺の拡大を考え、フリーペーパー「Link」を創刊。
  • いろいろなしがらみに縛られる事なく、自分達の感性を頼りに、SURF・SNOW・SK8・SOUND end more!な情報を発信し、より多くの人にエクストリームスポーツに関心を持ってもらうべく、日々奮闘中!

●ファクトリーについて

現在ファクトリー兼オフィスを湘南茅ヶ崎の海の前に構え波があれば海に行き、THE DAYには必ずラインナップに加わるサーフジャンキー。このスタイルを確立したく海の前にファクトリーを建設。地元茅ヶ崎の信頼度も熱く、会社が情報発信基地として沢山の人々が集まり、情報交換の場になっている。


●感謝

今こうして仕事&波乗りを続けていられるのも、支えてくれた仲間達、ディーラーさん達のおかげであります。これからも皆さんとはLinkしまくって行きます!
応援宜しくお願い致します。